年間行事

水行祈祷会

平成 年 月 日 午前11時

年間行事一覧に戻る

世界三大荒行の一つ「日蓮宗大荒行堂」の百日間の修行を終えた行僧を迎えて行う「祈祷会」。

心魂を清める「水行式」は荒行堂を再現したもので四方に魔を払う御幣を張り巡らし経文を唱えながら桶で何杯も水をかぶる水行の姿は見る人をして合掌せずには居られません。

大荒行堂は毎年11月1日より2月10日迄の百日間、一切の世俗を断ち朝3時より夜11時迄の間、1日7回の水行と読経に心魂を養い、朝夕二回の食事で命をつなぎ祈祷の秘法を受ける道場です。

先代住職「龍華阿闍梨日常上人」は大荒行堂の「傳師(師範)」として行僧に祈祷秘法の相伝を行い「大荒行堂結界壱千弐百日」を成就致しました。